美味しいサーモンなら、まずはノルウェー

自然、人、文化、科学…これらすべてが、どの様につながり、ノルウェーサーモンの養殖が実現されているのか、この短編動画でご覧ください。

ノルウェーがなぜ、世界最大かつ世界で最も持続可能なシーフード生産国の一国なのか、そしてノルウェーサーモンがなぜ世界中で楽しまれているのか。それには数多くの理由があります。以下が重要なポイントです。

数字で示す、冷たく澄んだ海

102,937 km

島々を含むノルウェーの海岸線の長さ。地球の円周の3倍近く

530 万人

ノルウェーの人口

385,000 km²

陸地のトータルの長さ

1m tonnes

2017年に生産されたノルウェーサーモンの総重量

204 KM

ノルウェー最長のフィヨルド、ソグネフィヨルドの長さ

1300 metres

記録された最深のフォヨルドで1マイル近い深さ。

64,7 億(NOK)

2017年のサーモン輸出総額(NOK)。

94 %

ノルウェー養殖魚の94%は養殖サーモンが占める。

私たちがどのようにして海の幸を捕獲しているか

私たちは海の魚が永遠に途切れることがないよう、研究、法律、規制や管理による枠組みを構築しました。

研究

海洋研究所(IMR)
海洋探査国際委員会(ICES)
国立栄養シーフード研究所(NIFES)

立法

ノルウェー国会

規制

貿易・

産業・漁業省

漁業総局

ノルウェー・ロシア共同漁業委員会

地域漁業管理機関(RFMO)

管理

漁業総局

販売組合

沿岸警備隊

ノルウェー食品安全庁