準備と調理

寿司

ノルウェー発祥のサーモン寿司について発見してください。

もっと読む

1985 – サーモン寿司の物語の始まり

美味しい生のサーモンは、今や世界的な寿司文化の一部になっています。しかし昔から寿司のネタに使われていたわけではありません。この短い動画で、いかにノルウェーサーモンが日本の板前たち、そして世界を納得させたのかをご覧ください。

Watch our short film and find out how salmon won over the Japanese masters

 

 

「生食サーモンの需要が見られるようになるまで15年の努力を要し、 1995年にはノルウェーから日本へのサーモン輸出は250%増に成長するまでになりました。」

 

 

 

ノルウェーの発明

ノルウェー人はサバ、ニシン、サーモンの取引交渉のために1970年代から日本を訪れていました。しかしビジネスが前進し始めたのは、1985年の訪問からでした。

漁業大臣トール・リスタウを団長としたシーフード代表団が、ノルウェーのシーフード輸出業者、政府機関、企業団体を代表する20人程を日本へ連れて行きました。これが「プロジェクト・ジャパン」の始まりでした。

当時日本では、サーモンは切り身にして焼いて食べらており、生では食べられていませんでした。そのため、プロジェクト・ジャパンは長期的な計画と活動を必要としました。

生食サーモンの需要が見られるようになるまで15年の努力を要し、1995年にはノルウェーから日本へのサーモン輸出は250%増に成長するまでになりました。

ノルウェー産のサーモンの味、鮮度、食感、そして色は寿司と刺身にぴったりです。これらすべての要素が組み合わさって、生のサーモンが素晴らしく美味しくなるのです。安全に養殖されたノルウェーサーモンは、日本の魚市場に新鮮な状態で届けられます。

プロジェクト・ジャパンはサーモンを生食に最適な魚として日本に売り込み、今では若い日本の消費者の間で一番好まれる寿司ネタにまで成長しました。このことは、日本だけでなく中国、香港、シンガポールでのサーモン寿司市場の扉を開く足がかりにもなりました。

Salmon cubes on sticks

寿司は新鮮な状態で食べるのが一番美味しい

寿司ネタの魚の最重要点は「スピード」です。ノルウェー産のサーモンはわずか36時間で日本に届くため、生で食べて安全というだけでなく、獲れたての美味しさもお楽しみいただけます。刺身として振る舞うにしても、寿司米に鮮やかな色を添えるにしても、ノルウェーサーモンはその名高い新鮮な味と歯ごたえのある食感をお届けします。

数値データから見るノルウェーサーモン

250% %

1980年から1994年の対日サーモンの輸出は250%増加。

1

寿司は今やノルウェーで最も人気のテイクアウトフード

28億 NOK

2019年のノルウェーサーモンの対日輸出額

作り方

NSR-SA-228x156-10.jpeg
フィレ全体の中で上質な、トップロイン部位から切り出されるノルウェーサーモン刺身。美味しい味を一切れずつ、薄切りしましょう。

NSR-SA-228x156-06.jpeg
ステップ1:
フィレ全体からトップロインの部位を選びます。

NSR-SA-228x156-07.jpeg
ステップ2:
横方向に半分に切ります。

NSR-SA-228x156-08.jpeg
ステップ3:
包丁を45度の角度であて、薄切りにします。

NSR-SA-228x156-09.jpeg
ステップ4:
目に沿って、4分の1インチ(約6ミリ)毎にスライスします。

NSR-SA-228x156-10.jpeg
ステップ5:
刺身のできあがり!

巻き寿司とは、寿司飯と具を海苔で巻いたものです。寿司飯と魚と一緒に他の具材を巻くのが一般的です。

NSR-SA-228x156-11.jpeg

ステップ1 - 寿司飯の準備:
このレシピに従ってください。

NSR-SA-228x156-12.jpeg
ステップ2 ₋ 巻きの準備:
寿司飯の上にサーモン、キュウリやマンゴーなどの具を置きます。魚や果物、野菜は様々なものを使うことができます。具材を選ぶときは色を考慮しましょう。

NSR-SA-228x156-13.jpeg
ステップ3 - 巻く:
巻き簾(まきす)を使って巻きましょう。水を海苔の縁にぬり、ぐるりと転がします。

NSR-SA-228x156-14.jpeg
ステップ4 - 切る:
巻いたものを2つに切り、また2つに、そして2つにと、8切れになるまで切ります。

フィレ全体の中で上質な、トップロイン部位から切り出されるノルウェーサーモン刺身。美味しい味を一切れずつ、薄切りしましょう。

NSR-SA-228x156-01.jpeg
ステップ1 - 寿司飯の準備:
このレシピに従ってください。

NSR-SA-228x156-02.jpeg
ステップ2 - 寿司飯をにぎる:
寿司飯を適量取り、手で楕円形ににぎります。
少量のワサビをサーモンのスライスに付けます。

NSR-SA-228x156-03.jpeg
ステップ3 - ネタをのせる:
サーモンのスライスの上ににぎった寿司飯をのせます。
ひっくり返してサーモンが上になるようにします。

NSR-SA-228x156-04.jpeg
ステップ4 - 形を整える:
両側面と上を軽くにぎり、形を整えます。
板前は、時間と細心の注意をかけて、それぞれのにぎり寿司の形を整えます。

NSR-SA-228x156-05.jpeg
ステップ 5 - 盛り付け:
盛り付けは寿司の重要な要素です。ワサビ、甘酢しょうが(ガリ)、醤油と一緒に盛り付けてテーブルへ。