持続可能な水産養殖

将来の展望

私たちは、安全と福祉がサーモンの品質に影響を与えると考えます。サーモンを養殖する環境が良い状態にあるほど、サーモンが受けるストレスは少なく、その結果品質が向上します。

もっと読む

ノルウェーサーモンは、世界中の人々に食糧を供給することができるのでしょうか?

ノルウェーは、フィヨルドに守られ、サーモンを育てるために必要な冷たく澄んだ水が豊富な、自然に恵まれた国です。シーフード産業はノルウェーを支える主要産業のひとつですが、この産業は、地球の住民として私たちが直面している難題を解決できるでしょうか?

人間が摂取しているタンパク質のうち、17%という驚くべき割合が海からのものですが、その需要は2050年までに40%増加すると見られています。もしこれが現実となれば、地球のために持続可能で、かつ信頼できるタンパク源が必要です。

持続可能で、環境に配慮した方法で海の資源を利用することで、私たちは今後想定される世界の人口増加に対し、確かな食物供給源を提供することができます。

数字で説明する冷たく澄んだ海

40%

2050年までに世界が必要とするであろうタンパク質の推定増加率

17%

現時点で世界が海から得ているうタンパク質の割合

1,500 リットル

1kgのアトランティックサーモンを養殖するのに必要な真水。同じ重量の牛肉を生産するには14,000リットルが必要。

3.1%

水産養殖の年間成長率

1.7%

人口の年間成長率

57 kg

100kgの餌につきサーモンが産出する食べられる身

68%

サーモン一匹のうち食べられる身の割合(豚52%、鶏46%)