持続可能な水産養殖

加工

私たちは、安全と福祉がサーモンの品質に影響を与えると考えます。サーモンを養殖する環境が良い状態にあるほど、サーモンが受けるストレスは少なく、その結果品質が向上します。

もっと読む

あらゆる段階で食品の安全と動物福祉を確保

私たちは、安全と福祉がサーモンの品質に影響を与えると考えます。サーモンを養殖する環境が良い状態にあるほど、サーモンが受けるストレスは少なく、その結果品質が向上します。

現在ノルウェーには、約50か所のサーモン加工場がサーモン養殖場に近い海岸線沿いにあります。ノルウェーでは、サーモンを高水準な条件下で加工するために、継続的により厳しい法案を提出しています。

Workers at conveyor preparing salmon fillets

たった6~8時間で海から出荷まで

網のおりから生きたままウェルボート(活魚運搬船)で運ばれる
待機用の囲い網でのストレス軽減期間
気絶させ、冷却
エラと喉を切る
血抜き作業
内臓を除去し、さばく
品質管理と清浄
氷入りの箱に梱包
魚に「サーモンパスポート」を与える
スタッキングと輸送

サーモンの水揚げ

生きたサーモンはウェルボートによって給餌の囲いから待機用の囲いへ運ばれます。その後加工場へ運ばれ、ストレスを最小限にするため、できるだけ素早く気絶させます。その後エラと喉を切り、血抜きするために冷たい真水のタンクの中に入れられます。この過程で魚をきれいにします。

Workers sorting salmon

内臓除去と品質格付け

血を抜き、内臓を取り除いた後、サーモンはサイズと品質で上質、普通、製造用に分類されます。その後サーモンは梱包されるか、または加工場にに送られます。副産物は家畜用肥料等に使われることで、環境フットプリントを削減します。

Workers sorting salmon
Packed salmon in ice

中心の温度

サーモンの適切な中心温度(2~4℃)を保つために、サーモンは氷と一緒に梱包されます。箱は目的地まで商品を冷やし続けるように特別に設計されています。

Packed salmon in ice
Worker holding salmon

常に食品安全を保持する

ノルウェー食品安全機関は、私たちの食品安全基準をフィヨルドから食卓まで監視します。私たちが用いる厳しい管理システムは、サーモンの品質を確保します。

Worker holding salmon

よくある質問

ノルウェー産のサーモンは海、または待機用の囲い網から直接加工ラインへと運ばれます。加工の所要時間は約4~6時間です。 ですからサーモンはその日のうちに輸送の準備ができるのです。

1つの工場は1シフトにつき50~120トンを加工できますが、これは工場の大きさや加工ラインがどれくらい自動化されているかによります。

標準的な大型トラック1台は18トン前後のサーモンを運べます。

食品の安全を守るため、非常に厳しい規則が適用されています。この規則には、定期的な設備と網の洗浄も含まれます。また、不測の事態も想定し、品質が損なわれた場合に食品を守るための緊急対策も整っています。 この方針関する詳しい情報は、購入と販売の ページ で読むことができます。

サーモンは世界各地へと輸送され、同時にさばきや燻製など、さらなる加工のために送られるものもあります。また、直接ノルウェーの魚屋、または皆さんの国の輸入業者へ行くものもあります。

ノルウェー産のサーモンは世界中の100以上の国に流通されています。

  • 上質のサーモンは、あらゆる目的に適した第一級のサーモンです。このようなサーモンには、大きな欠点、損傷、欠陥がありません。
  • 普通のサーモンは、わずかな外部的または内部的な欠点、損傷、欠陥があります。
  • 製造用サーモンは欠点、損傷、欠陥があり、上等や普通の等級にできない、ということを意味します。これらのサーモンは常に頭を落としたも状態で提供されます。
  • 輸出用のサーモンの最低基準は普通で、製造用サーモンは小売業、飲食施設、または消費者には販売されません。