将来の食べ物

ノルウェーはシーフードが重要な産業の国です。水産養殖の仕事は、他産業の2倍の雇用を生み、また、水産養殖が生み出す1 NOK(ノルウェークローネ)は1.43 NOKに相当します。水産養殖は私たちの大切な産業のため、将来も視野に入れ、ビジョンを立てることが重要です。そのため、私たちは何度も検証し、効率的でかつ、環境に優しく適切な方法を考え、サーモンを養殖しています。

ゴミの削減

サーモンは生来効率のよい魚です。哺乳類と違い、直立するためにエネルギーを使う必要がありません。つまり、哺乳類のように体温調整のためにエネルギーを使うのではなく、食べ物から摂取したエネルギーを成長するためだけに使います。実際、1kgのサーモンを生産するのに、たった1.2kgの餌しか必要ありません。

また、ノルウェーのサーモンの餌に使われるすべての海洋性の原料は、きちんと管理されたもので、原料は切れ端や産業用の魚など、人間の食用には向かない物を利用します。 過去30年間で使用した餌の量は15~20%削減されており、今後養殖技術が進歩するにつれ、更に減少すると考えられます。

 

Proteins / coarbohydrates from vegetables: 50%; Fish oil: 11%; Fish protein concentrate: 1%; Fish meal: 17%; Vegetable oil: 19%; Other: 2%

餌の原料のおよそ70%は植物性資源で、残りは海洋性資源です。

環境への影響を減らす

サーモンが逃げる。それは大変な問題です。ビジネスだけでなく、その地域の天然のサーモンに影響を与える恐れがあります。そのため、私たちは 天然と養殖を識別するために、私たちのサーモンに印をつけ、追跡します。養殖所からサーモンが脱出することを防ぐため、おりが破損している可能性があればダイバーやCCTVを使い、原因を究明します。逃げたサーモンを取り出すための環境基金もあり、脱出した養殖所の企業に対し、ノルウェーは1匹あたり500 NOKの罰金を科して責任を問います。

リスクを減らす

サーモンが感染症にかかるリスクを減らすために、私たちは毎週個々のおりの中のフナムシの数を確認し、また、全ての処理場と輸送船でフィルターを使い予防しています。また、寄生生物を食べる「掃除魚」(ベラ)を養殖するなど、環境を配慮した方法を探るために研究費を使っています。ノルウェー産のサーモンの健康は、水産養殖産業全体で共有する健康データベースに記録されています。

 CO2 を減らす

養殖されたアトランティックサーモンは、世界のサーモン市場全体50%²を占めていますが、世界人口が増えるとともに、世界中の人々のための持続可能なタンパク源になり得ます。ノルウェーの養殖サーモンは牛肉や豚肉よりも二酸化炭素排出量が少ないので、ノルウェーサーモンを料理に使うことは気候変動を抑えることにつながるのかもしれません。

1 出典: SINTEF “The significance of the fishing and agriculture industries for Norway in 2009 – a national and regional ripple effect analysis”
2 
出典: Seafish “Responsible sourcing guide: farmed Atlantic salmon” (August 2012)

Comparison of amount of feed to amount of protein for different animals (feed/protein in kg: fish = 1.15/2.5, chicken = 2.5/2.5, pig = 3/5.9, kettle = 8/30

ノルウェー動物福祉法と水産養殖法の両方がノルウェーのサーモン養殖産業を規制しています。

Downloads

Close up of brochure about sustainability

継続可能性のストーリー

ノルウェーはシーフード産業によって築かれた国です。それは我々の活力源であるため、未来のために築き上げていくことが重要です。

PDF (1.1MB)

Download